出会い系、あなたはひとつの商品です!

出会い系のサイトでは、あなたはひとつの商品です。商品力をアップさせることで出会いへの道が広がります。もちろん、購買者は登録している女性たちです。彼女たちに、どうやって自分という商品を上手に見せるかどうかで、会える確率は格段に変わってきます。それでは、どうすればアップできるか考えてみましょう。
<プロフィール欄の活用>
できるだけカンタンに話を進めます。ここでマーケティング論を展開させても意味はありません。あなたが欲しいのは具体例でしょう。まずは意識を変えてください。出会い系サイトのプロフィール欄は商品の説明です。どうしたら買ってもらえるか、それを意識するだけで文面は違ってきます。商品説明に欠点を書きますか?ネガティブなキャッチコピーなんてつくりますか?そう考えていけば、あなた自身をどう売り込めばいいのかがわかってくると思います。例えばせフレ 彼女 昇格読書が好きなら「読書が好きです」ではインパクトが弱いですよね。それに堅苦しいイメージを持たれる可能性もあります。「最近、読んだ本は◯◯です。SFやファンダジーが好きな方にはおすすめですよ」。こんな文章に変えるだけでも印象は異なってくるでしょう。「映画を観るのが趣味です」ではなく「いちばん好きな映画は◯◯です!ぜひ、一緒に映画館へ行きませんか?」とするだけで文章が生きてきます。趣味や長所を書くのは良い方法ですが、相手の興味を惹くような文面にすることが大切でしょう。ちょっとした工夫で、あなたという商品の印象が変わってきます。
<容姿や経歴などの活用>
容姿は難しいです。これもプロフィールなどに入れると効果的でしょう。逆を考えてみましょう。女性のプロフィール欄に「タレントの◯◯さんに似ていると言われます」とあれば、メールのやりとりをしているあいだ、ずっと、そのタレントが浮かんでくるでしょう。ただ、実際に会ったときに、あまり格差があると失敗してしまうかもしれません。自己申告の怖さですね。ここは無難に身長や体重などで終わらせたほうがいいと思います。身長を気にする女性は多いですからね。この2つがあれば、どのような体型かも想像できるでしょう。経歴は、特に婚活系では重要項目です。詳しく現在の職業を身バレしない程度に書いた方がいいと思います。自信のない方でも同様です。嘘をつくよりは絶対にいいでしょう。
出会い系において、女性の数が多い現状では、男性であるあなたはひとつの商品です。特にプロフィール欄の重要性を認識してください。他の商品である男性との差別化です。まだまだ書き足りない部分はありますが、自分が商品であると意識すれば、いろいろと変わってきますし、成功する確率も上がるでしょう。